玉ねぎカフェ

文学作品の一節を引いたりしながら、私が社会について考えていることを綴っていきます。引用魔ですので。

読書について

『ナジャ』、あるいは自動生成する物語

「美は痙攣的なものだろう、それ以外にはないだろう。」 私たちの読書は言葉に囚われている。それは一見とても当たり前のことで、疑問をさしはさむ余地はないように思われる。『ナジャ』が私に投げかけてきた問いは、私が長年覚えていた読書の問題を改めて浮…

サミュエル・ラチェットを殺せ

クリスティが書く探偵小説は当時の大都市の性格を如実に表現している。『そして、誰もいなくなった』では、全く共通点のない人々が集まる大都心の典型的な特徴とともに、それによって埋もれていく軽重様々な犯罪と義憤をテーマとした。とりわけ、ウォーグレ…