玉ねぎカフェ

文学作品の一節を引いたりしながら、私が社会について考えていることを綴っていきます。引用魔ですので。

仕事について

ピンク色の研究

「うちで店員や事務員を採用するときは,外見のこのましいことをとくに重視します。」 (…) 「かならずしもきれいでなくとも。決め手はむしろ道徳的なピンクの肌の色ですねえ。お分かりでしょう……。」 ジークフリート・クラカウアーのルポルタージュ『サラ…

「朝食」の日雇い労働者に対する一種の憧れみたいな感覚について

たった一度だけ読んだだけだけれども、私はジョン・スタインベックの「朝食」という短編を忘れることができない。主人公である一人の男が、ある朝、日雇い労働者のキャンプの近くを散歩していると、そこにいた労働者父子に朝食に招待されて、一食を共にする…